仕事も趣味も生き方も自分らしく!そして何よりも楽しく!CALL BLOGへようこそ!

最高のバイクラックを見つけよう!2022年最新オススメ6選!自転車を積載する最良の選択!

誰しも自宅の近くに最高のトレイルがあるとは限りません。

そんな時に頼りになるのがバイクヒッチラック。愛車にバイクヒッチラックを取り付けることで機動力は爆発的に増えます。

これまでいけなかった遠方のトレイルも泊まりがけという旅行感覚で楽しめるようになるかもしれません。

今回は自転車乗りにはとっても魅力的なバイクヒッチラックについてご紹介していきます。

仕様

  • 本体重量:23.5キロ
  • 連結部分:ホイール、タイヤ
  • 最大積載重量:各自転車27.2キロ
  • 最大タイヤサイズ:最大5インチ(オプション)
  • 最大積載数:ベース2、1〜2台追加(オプション)
  • ヒッチサイズ:1.25インチまたは2インチ
NV 2.0では、ただの自転車積載ラックではなく、すべての機能と妥協のないスタイル、安全性、使いやすさがシームレスに統合された「THE RACK」自転車積載ラックの決定版と呼ぶにふさわしいラックです。どんな自転車にも対応できる強度、拡張性、長期的な使用に耐えうる構造を備えたラックです。

Kuat(クアット) Transfer v23

photo:Kuat

仕様

  • 本体重量:24.5キロ
  • 連結部分:ホイール、タイヤ
  • 最大積載重量:各自転車18キロ
  • 最大タイヤサイズ:最大5インチ(オプション)
  • 最大積載数:ベース3
  • ヒッチサイズ:2インチ
 先程紹介したKuat NV2.0はとても素晴らしいラックですが、その分お値段はお高め。Transfer v23は、バイクを固定するためにNV2.0と同じシステムを使用しますが、NV2.0に比べ比較的手が出しやす良お値段設定。重量に関しても3バイクラックで2バイク時のNV2.0と同じ。それだけでなく、よりリーズナブルに4台目の自転車を積載するためのオプションのエクステンションを入手できます。


Kuat Transfer V23バイク2段レシーバーヒッチラックブラック

 

RockyMounts(ロッキーマウント) monorail solo

photo:Rockymounts

仕様

  • 本体重量:11キロ
  • 連結部分:ホイール、タイヤ
  • 最大積載重量:各自転車27キロ
  • 最大タイヤサイズ:最大5インチ(オプション)
  • 最大積載数:ベース1
  • ヒッチサイズ:1.25インチまたは2インチ

お一人様専用と割り切ればこれほど理に適ったバイクラックはないかもしれません。値段も非常にリーズナブルに収まっており、取り扱いに関しても至ってシンプル。オプションにはなりますが2台目の追加も可能ですので今後大幅に積載台数が増えることのないようなライダーにはベストチョイスと言えるかもしれません。

 

RockyMounts MonoRail Solo 1-Bike (2" &1.25") Expandable Platform Hitch Bicy

 

Thule(スーリー) T2 Pro XTR

photo:Thule

仕様

  • 本体重量:23.5キロ
  • 連結部分:ホイール、タイヤ
  • 最大積載重量:各自転車27キロ
  • 最大タイヤサイズ:最大5インチ(オプション)
  • 最大積載数:ベース2
  • ヒッチサイズ:1.25インチまたは2インチ

重たいMTBでも積載可能で、車種を選ばない汎用性が魅力。さらに今回ローリングが可能になるアップデートも行われ更なる輝きを手に入れました。専用のワイヤーロックを備え愛車を盗難から強力に保護します。また工具なしでインストールが可能なところも優秀と言えるでしょう。



Thule(スーリー) Helium platform2

photo:Thule
仕様
  • 本体重量:20キロ
  • 連結部分:タイヤ
  • 最大積載重量:各自転車17キロ
  • 最大タイヤサイズ:最大3.2インチ(オプション)
  • 最大積載数:ベース2
  • ヒッチサイズ:1.25インチまたは2インチ
 専用の保持システムでもあるタイヤフック保持システムを採用。なんと積載時に一切のフレームへの接触を行いません。このおかげで愛車を傷つけることはありませんので安心して遠征することが可能になります。フレームだけでなくホイールを傷つけるようなストラップさえなく愛車にはいかなる傷もつきません。そして非常に軽量な点も特筆すべきと言えるでしょう。

YAKIMA(ヤキマ) HangOver4

photo:yakima
仕様
  • 本体重量:33キロ
  • 連結部分:ハンドルバーとホイール
  • 最大積載重量:各自転車17キロ
  • 最大タイヤサイズ:最大5インチ(オプション)
  • 最大積載数:ベース4
  • ヒッチサイズ:2インチ

4台の自転車を収容できるヒッチ自転車ラックは、当然自転車が車両の後部から大きくはみ出すことを意味します。Yakima Hangtight 4は、これらの問題を解決するためにまったく異なる斬新なデザインを使用しています。自転車を垂直に積載するシステムによりさまざまな問題を解決させた意欲作です。

 

 

効果は抜群!テリトリーと共に楽しみも大幅アップ!

実際にラックをつけると想像していた以上に行動範囲が広がることに気づきます。

MTBのみならずロードバイクやミニベロ、TTバイクなど自転車ならほぼずべて積載可能で、高速道路も全く問題なく走ることができます!

ちょっとだけ奮発して遠方のトレイルやMTBコースを満喫して見てはいかがでしょうか?

 



この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG