仕事も趣味も生き方も自分らしく!そして何よりも楽しく!CALL BLOGへようこそ!

E -MTB!電動化について本気出して考えた結果!SPECIALIZED LEVO SLってどうよ?

CALL
今この時代だからこそ電動化を考える!

偉そうに言ってはみたもののなかなか踏み出せていなかった私ですがこの度本気出して電動化を行います!

もちろん自転車の電動化ということですが最近ではいろんなタイプが発売されていてなかなか迷えるようになっています。

まだ電動化されていない方、迷っている方の参考になれば幸いです。

関連記事

ここ最近目覚ましい飛躍を遂げているモーターとバッテリー。この進化は自転車の世界にも大きな改革をもたらしました。通勤やロングライド時に大きな手助けとなるEバイク(電動バイク)は誰にとっても気になる存在![cap[…]

関連記事

季節も変わりいよいよオフロードのシーズンが始まろうとしています。前回執筆中にうっかり注文しそうになってしまうほど電動と相性のいいグラベル!めちゃくちゃ欲しい!気持ちを抑えつつ第2弾をご紹介!今回も前回[…]

 

なぜ電動が必要なのか?

これはみなさんさまざまかもしれませんが私の場合

CALL
1日で走れるトレイルの本数を増やしたい!

と言い切れます。

トレイルとは林道や登山道のような自然の中にある未舗装路を指します。

MTB(マウンテンバイク)に乗っているとこのような未舗装路を走ることがメインになるのですがこれがなんせ険しい!

スポーツ, 自転車, エンデューロ, 森, 極端な, よね, ネイチャー

獣道のようなこともザラで坂道の斜度10%は普通、20%〜30%さえ珍しくはありません。

このような道をなんとか登りきり、下り(ダウンヒル)を楽しむのが私の基本的な週末。

ということで

CALL
地獄のような登りをいかにこなし、ダウンヒルに力を残せるか!

が非常に大事になってきます。

クロスフィット, スポーツ, フィットネス, トレーニング, エクササイズ

このために体力をつけトレーニングを行ってきましたが一日一回のトレイルを2回にするということは単純に体力も倍必要、もちろん簡単なことではありません。

CALL
現実的に体力2倍は不可能w

そんな時に白羽の矢が立ったのがE -MTBというわけです!

 

サイクルコンピューターとの連動が楽しいEMTB!👇PROBIKE KIT👇

 

電動化すれば全て幸せ?

電球, 考え, 創造性, ベース, ライト, エネルギー革命, エネルギー

初めはいいところばかり見てしまいがちですがデメリットもあります。

一個一個話していきましょう。

重量問題

Mtb, マウンテンバイク, バイクに乗る人, アルプス, 山, トランザルプ

トレイルの中には斜度が30%を超え、物理的に乗車不可の登りもあります。

CALL
ダウンヒルとしては押して上がるくらいの斜度が楽しい!

のですがこれまでと比べて重量が増えるということは単純に未知なる地獄に遭遇する…ということになります。

電動=重い

通常のE -MTBだと20キロ越えはザラで、それでもまだ軽量と言われているのが現状です。

担ぎ上げや押し上げが必要になるトレイルではこの重量増は簡単には受け入れられませんでした。

ダウンヒルとクライミングの天秤

自転車, 下り坂, 森林, 石, サイクリスト, Mtb, Mtb, Mtb

ダウンヒルバイクと言えど軽量なバイクの方が人馬一体となり操作性にしても気持ちいいものです。

先ほども出てきたように電動化することで一気に重量が増えてしまい、せっかくのダウンヒルが楽しめなくなってはダウンヒラーとして本末転倒…。

CALL
速く登りたいんじゃなていつもより多く下りたい、ダウンヒルが最優先!

この問題もかなり悩みました。

 

巡航距離とバッテリー問題

マウンテンバイク, サイクル, 自転車, 道, 山, アルパインクロス, 自然

CALL
せっかくの電動!あちこちいろんなトレイルに行きたい!

これは誰もが思うことでしょう!

ここで問題になるのがバッテリーの容量の問題。

もちろん多いに越したことはないのですが電力量が多い=重たいですからここもバランスが大事になります。

これもバッテリーの進化を待つべきか非常に悩んだところでした。

 

登りを楽に!下りを気持ちよく!👇PROBIKE KIT👇

 

全てを解決!?救世主の登場!

SPECIALIZED LEVO SL

photo:specialized

私が日頃からお世話になっているスペシャライズドが放つ、他のメーカーとは一味違った視点で送り出すE -MTB!

スペシャライズドの回し者ではないかと思われるほど我が家にはスペシャライズド製品が溢れていますが回し者ではございません。

正直言ってこのコンセプトはめちゃくちゃピンポイントで合っています。

CALL
ダウンヒルを考えたE -MTBはこれ一択!

これは言い切らせていただきましょう!

軽量!ちょっと前のダウンヒルバイクより軽い!

DH仕様のMTB photo:redbullLEVO SL photo:specialized

一昔前のダウンヒルバイクは20kg前後あったそうですが

SPECIALIZED LEVO SL=17kg台(モデルによって前後します)

サスペンションストロークこそ違いますが、LEVO SLはトラベル150mmを有していますので大抵はこなせます。

優等生MTBフレームのいいところを大いに継承!

STUMP JUMPER photo:specializedLEVO SL photo:specialized
CALL
LEVO SLのフレームどこかでみたことあるような…

そう!LEVO SLはスタンプジャンパーそのもの!まさに電動スタンプジャンパー!

オールマウンテンとして有名な性能を誇るスタンプジャンパーのジオメトリー、コンセプトを引き継いで電動化されたバイクが気持ち良くないわけがない!(スペシャライズド愛強め)

偏見を省いてもスタンプジャンパーの性能は世界中で評価されていますので安心できる要素と言えます。

 

必要な力を確実にアシスト!

photo:specialized

世界中の色々なメーカーを見てみると電動の性能は様々、それらのE -MTBと比べるとLEVO SLは見劣りしてしまうかもしれません。

モーターの出力もバッテリーの持続距離も少なめとなっています。

しかしその分超軽量!

実際のアシストパワーは最大240w!これはトレイルでのアシストとして十分なパワーと言えますし、エコモードを使用すればアシスト機能を使いながらも約130km走行が可能です。

photo:specialized

もしもっと長く走りたい場合専用の予備バッテリーを搭載することもできます。

予備バッテリーは

  • 重量:約1kg
  • 走行距離:約65km

パワフルなE-MTBに憧れてしまいますがそれと引き換えに今現在は非常に重たい車重となってしまいます。

SPECIALIZED LEVO SL

photo:specialized

ダウンヒル性能を犠牲にしないわずか17kgのE -MTB。

これからのMTBライフにぜひいかがでしょうか?




 

 

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG