仕事も趣味も生き方も自分らしく!そして何よりも楽しく!CALL BLOGへようこそ!

20%高速!?史上最強のエアロロード誕生か!?完全新設計のSCOTT FOIL RC 2023!

 

関連記事

2021年も早いものでもう10月も半ばとなりました。今年も残す所あと2ヶ月。今年も様々なロードバイクが登場し、当サイトでもご紹介してまいりました。記事を書いている私自身がかなりのエアロ好きなことからどうしても新型エアロは気になる存在[…]

関連記事

トレックの新型マドンのプロトタイプは、2022年のクリテリウムデュドーフィネでテストされていました。その後もテストを重ねフラッグシップエアロロードバイクであるMadoneSLRの最新バージョンの発表に至ります。MadoneS[…]

関連記事

今年のブエルタでカモフラージュされたエアロロードが発見されてから数ヶ月…。大方の予想通りそのカモフラージュされたエアロロードはオルベアの新作でした。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://acti-f[…]

関連記事

BHBHはスペインに拠点を置くロードバイクメーカー。UCIワールドチームに採用されたこともある実力のあるバイクブランドです。日本でも人気アニメ”弱虫ペダル”作中でこれに近いモデルが登場しておりファンも多いのではないでしょうか。[…]

 

 

SCOTT FOIL RC 2023

新型SCOTT FOIL RC

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler
前作のSCOTT FOIL RC
photo:scott

前作の原型は2015年に発表、2018年にディスクブレーキが追加、2020年にインテグレーテッドケーブルルーティングに更新され、これまで少しづつ進化してきた息の長いモデルでした。

新型SCOTT FOIL RC

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler

前作のSCOTT FOIL RC

photo:scott

今作を比較して見てみると、フレームが織りなすラインはシャープに、より深いチューブプロファイルを採用、そしてドラッグを最小限に抑えるためカバーされた後輪。まるで別物の新型は次の様な性能を得ています。

  • 20%高速化
  • 9%軽量化
  • 10%快適化

バイク、コンポーネント、ライダーを一つのシステムと捉え設計されました。これらの性能はソロライダーに最適化されており、どんな大逃げもステージの勝利のために後押ししてくれるでしょう。

ハンドルバーはF01翼型形状を採用し40km/hで40km以上走行した場合の1分18秒もの削減を手に入れました。

 

今なら【ProBikeKit】
SALL中!(なんと最大83%OFF)👇
 

 

 

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler
photo:scott

大きく頼もしいヘッドチューブは、フレームの周りの空気をスムーズに遮断するフェアリングとして機能し、内部のすべてのケーブル、ワイヤー、およびホースを格納します。

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler

極太のヘッドの下には空力性能を考慮したしなやかな足回りが顔を出します。

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler
photo:scott

ドロップされたシートステイは角度にして10度程内側に傾斜、これによりスポーク部に対しての清流効果を高め空気抵抗を大幅に削減すると言われています。さらにリアブレーキキャリパーのためのポジションもしっかりと作ってくれています。

これがまたかっこいいこと…

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler

今回のフォイルの面白い部分はこれだけではありません。なんと前後のタイヤサイズを変更して採用しているのです。

フロントに25mmのタイヤ、リアに28mmのタイヤを装着しています。

photo:scott

技術の進化により風洞実験が普及しこのサイジングでのパフォーマンスがフォイルにとっては非常に効果的であることが判明しました。

さらにサイズを上げたい場合最大700x30mmのタイヤに適合します。

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler

新型フレームはデザインのみならずカーボンレイアップを更新しています。

カーボンピースの数を最小限に抑え、レイアップを最適化、断面積が大きいにもかかわらず、全体的な材料使用量を削減。

photo:scott

その結果前作よりもカーボンジョイントが30%少なく構成されています。

簡単に言えばジョインとが少ないということはカーボン同士の接合ロスが少ないということ、さらには接合部分の強度ロスも減らせるということでありいいことづくしです。

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler

軽量パーツを作成することが得意な姉妹ブランドのSyncrosパーツで構成された新型フォイル。

Creston SL Aeroハンドルバー/ステムコンボは、軽量なだけでなくケーブルやワイヤーをしっかりと特大のヘッドチューブに落とし込みます。また、上面が広く設計され、クライミング時のハンドルポジションや若干手を休めるようなタイミングでも効果的に機能を発揮することができます。

 

 

 

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler

新設計のDuncan SLAeroCFTシートポストは特に特徴的でしょう。

効果的に採用されたカーボンは板バネのような機能を果たし、快適性をサポート、余った窪み部分には充電式テールライトを保持し、安全性をも高めてくれます。

photos c. Scott Sports / Rupert Fowler
photo:scott

ジオメトリ 仕様

photo:scott
photo:scott
photo:scott

SCOTT FOIL RC Ultimate

 

photo:scott
  • コンポーネント:SRAM RED eTap AXS 2×12
  • ホイール:Zipp454NSW
  • タイヤ:SchwalbeProONE
photo:scott
  • コンポーネント:Shimano Dura-Ace R9200
  • ホイール:R9270-C50
  • タイヤ:VittoriaCORSA

 

FOIL RC 10

 

photo:scott
  • コンポーネント:Shimano UltegraR8100
  • ホイール:Syncros Capital1.050
  • タイヤ:SchwalbeONERace

 

FOIL RC 20

 

 

photo:scott
  • コンポーネント:SRAM Rival AXS
  • ホイール:Syncros Capital1.050
  • タイヤ:SchwalbeONERace

 

【ワイズロードオンライン】では今なら人気ホイールもフレームも最大90%OFFのセール中!


 

 

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG