仕事も趣味も生き方も自分らしく!そして何よりも楽しく!CALL BLOGへようこそ!

2024年最新型!リドレー FALCN RS発表!ディフューザーまで備えたエアロオールラウンダー!

リドレーの最新モデル、FALCN RSがついに国内で正式に発表されました。

このバイクは、ツール・ド・フランスでロット・デスティニーが使用し、実戦デビューを果たしたエアロオールラウンダーとして注目を集めています。

photo:GCN

エアロオールラウンダー

FALCN RSは、軽量性、エアロダイナミクス、剛性など、レースにおいて必要な全ての要素を高い次元でバランスさせることを目指して開発されました。

これまでプロ選手たちが愛用してきた軽量モデルのHeliumや、スプリンターたちに支持されたNoah Fastが、リドレーのフラッグシップモデルとして存在してきましたが、ついに新たな進化を遂げたモデルとして、FALCN RSが登場。

https://www.rawcyclingmag.com

FALCN RSは、現代のレーストレンドに合わせて、軽量マシンにもエアロダイナミクスを求めるプロジェクトである「LAB(Lightweight Aero Bike)」において、開発が進められました。

このモデルは、特に上り坂でのアドバンテージを最大限に引き出す軽さと、その後のダウンヒルやスプリントでの強みを追求、エアロダイナミクスと剛性を手に入れました。

photo:ミズタニ自転車

デザイン面では、Heliumよりもエアロで、Noah Fastよりも軽量なバイクを実現するために、ジオメトリーとチューブ形状が一新されています。フォークブレードには翼断面が採用され、ダウンチューブなどにはカムテールが導入され、トップチューブも扁平化されています。

さらに、フォークコラムにはD型断面が採用され、内装ケーブルのF-Stearも備えられています。

photo:ミズタニ自転車

ディフューザーを組み込んだフォーククラウンは、「拡散」の概念を採用しており、フォークブレード内側に入り込んだ風が、通常のディフューザー設計のないフォークよりもスムーズに流れるようになります。

この設計によって、フォークからダウンチューブにかけてのエアロダイナミクスが向上し、特に時速50kmでの走行時においては10%の空気抵抗削減が実現されたとリドレーは説明しています。

https://www.rawcyclingmag.com

タイヤクリアランスについても、28mmが想定されているものの、最大34mmまでのタイヤを装着できる余裕が確保されています。

リドレーが石畳での走行テストを行うことをアイデンティティとする中、荒れた路面でもコントロール性を維持しつつ高速走行が可能なタイヤを装着できることは、ブランドの特徴であると言えるでしょう。

https://www.rawcyclingmag.com

リアディレイラーハンガーの規格は、スラムが提唱するUDH(ユニバーサルディレイラーハンガー)を採用。

これにより、フロントは取り外し可能になり、フロントシングルの運用も可能です。

フレームの重量はSサイズで816g、フォークは380gとなっています。

https://www.bikeradar.com

ジオメトリー面では、プロ選手からの意見を集約し、短いヘッドチューブや低い重心のBB下り、低めのスタック、そして長いリーチ設計により、アグレッシブな前傾姿勢が取りやすくなっています。

https://www.rawcyclingmag.com

これに対して、チェーンステーを長めにすることで安定性もともに向上。

このようなデザインアプローチにより、ライダーはアグレッシブなポジションを確保しつつ、安定感も兼ね備えた快適な走行が期待できます。



8台限りの限定車

photo:ミズタニ自転車

今回の日本国内での正式発表に伴い、数量限定モデルの発売も発表されました。

特別モデルはカーボン地が見える塗装とプリズマティップシルバーのロゴを組み合わせ、非常にレースバイクらしいスタイリッシュなデザインとなっています。

photo:ミズタニ自転車

しかも、国内限定8本のみの展開となっており、気になる方は早めにリドレー正規販売店でチェックすることをおすすめします。

photo:ミズタニ自転車

販売はフレームセットと、完成車販売が選択でき、入荷予定は2024年2月下旬です。

【リドレー Falcn RS スペック詳細】
– カラー: D1083s(Raw Carbon Prismatic Limited Edition)
– フレーム: ELITE HM カーボン
– フレーム重量: 792g(XXS) / 806g(XS) / 816g(S)
– フォーク重量: 380g
– ヘッド: 1-1/8 – 1-1/2
– BB: Press Fit BB86
– 対応コンポーネント: シマノDi2 / カンパEPS / スラムeTap
– サイズ: XXS / XS / S
– 付属品: Forza Cirrus Pro Road Integrated Cockpit、Aero Seat Post、Cirrus Pro Integrated Spacer、Fast Computermount
– フレームセット: 825,000円(税込)
– 完成車 R9250 Di2: 1,241,900円(税込)
– 完成車 R8150 Di2: 1,063,700円(税込)
– 完成車 R7150 Di2: 984,500円(税込)
– 限定数: 8本

  • 関連記事

    エアロロードという乗り物最高のエアロロードは、ライディングの平均速度をグッと高めます。巡航速度の維持はサイクリングの快感でもあり、最高の爽快感を提供してくれます。この巡航速度の向上には空力性能の向上が絶対条件[…]

  • 関連記事

    ヴァーチャルサイクリング屋外での実走はとても気持ちが良く最高に充実した時間を過ごせます。が!天気や、仕事などいつもいつも外で走れるとは限りません。そんな時に活躍してくれるのがインドアトレーニン[…]

  • 関連記事

    ここ最近の技術の進歩には目を見張るものがあリますが、サイクルコンピューターに関しても例外ではありません。地図、ライド情報、パフォーマンス情報、通知、安全機能に至るまで私たちがあったらいいなと思う機能を網羅しているサイクルコンピューターは[…]

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG