仕事も趣味も生き方も自分らしく!そして何よりも楽しく!CALL BLOGへようこそ!

エアロロードバイク2022年モデル!究極の融合 BH AEROLIGHT(エアロライト)

BH

BHはスペインに拠点を置くロードバイクメーカー。

UCIワールドチームに採用されたこともある実力のあるバイクブランドです。日本でも人気アニメ”弱虫ペダル”作中でこれに近いモデルが登場しておりファンも多いのではないでしょうか。

筋肉とまつ毛が絶妙に融合する例のカレ photo:弱虫ペダル
ことあるごとにまつ毛と共に光の槍に変わるBH Gシリーズ photo:弱虫ペダル

 

BH AEROLIGHT(エアロライト)

BHが放つ軽量エアロオールラウンダー

https://aerolight.bhbikes.com

 

開発コンセプト:BHの技術の融合

https://aerolight.bhbikes.com

読んで字のごとくBHの持つ技術を融合させると言うことであり、BHの究極のバイクといって差し支えないでしょう。

BHはこれまでにクライミングロード、エアロロード、TTバイクを開発、販売しておりそれぞれに同社の持つ技術を投入してきました。これらの技術を一つに集め究極の完成形を再現したのがAEROLIGHTです。

 

軽量化

https://aerolight.bhbikes.com

最近のロードバイク界で大きく変化したと言えるのがブレーキ。リムブレーキからディスクブレーキへの移行が各社見られます。レース界においても顕著であり、レースで恩恵を受ける技術は我々にとっても有意義であることは言うまでもありません。

BHもこの流れを受け、TTバイクにてディスクブレーキ化、それに伴うケーブルの完全な内装化を行いました。しかしBHはこの段階ではTTバイクという性格上突き詰めた軽量化を行っておらず、まだまだ軽量化の余地は残っていました。

同社オールラウンドレースバイクであるG8、軽量クライミングバイクであるULTRALIGHT EVOの持つ軽量技術を惜しみなく投入し、TTバイクから進化させたのが今作のAEROLIGHTで重量にして1キロ以上(同社エアロモデルに対して)の軽量化を果たしています。

 

エアロ性能

https://aerolight.bhbikes.com

G8の持っていたカムテールチューブプロファイル、ドロップシートステイ、シートマスト、および完全内装化ケーブルルーティングなどの実績のプロファイルは踏襲しつつも、球根型のヘッド、大きく湾曲した特徴的なフォーク形状など新しい技術を融合させました。

HCIM中空コアカーボンテクノロジーを採用し、今作の新しいフレーム(サイズM)の重量はわずか950gとなっています。

トップチューブはほぼ水平に位置し、かつてのBMC TMRを思い出すような戦闘機形状。個人的に大好物。

 

AIR BOWフロントエンド

https://aerolight.bhbikes.com

エアロの鍵を握るのは特徴的なフォーク形状だそうで、その呼び名はエアーボウ

前面に大きく湾曲したフロントフォークが持つ特徴はズバリホイールから発生する乱気流の軽減。ホイールからはスポークによってかき乱された空気が絶えず乱気流として発生します。発生した乱気流はその後ライダーの足へと向かい自転車の速度に悪影響を及ぼします。

https://aerolight.bhbikes.com

BHのAIR BOWフロントフォークはこの乱気流のルートを変更し、ライダーの足から大きく遠ざけるシステムを持っています。これは発生した乱気流がホイール間をより自由によりスムーズに通り抜けることに貢献し、同社G8に比べ空気抵抗面では15.9%もの大幅削減、消費パワー面ではレース速度で5Wの節約を可能にしています。

https://aerolight.bhbikes.com

 

完全なケーブルインテグレート

https://aerolight.bhbikes.com

最近のモデル同様一切のケーブル露出はありません。特大のFSA ACR1.5インチヘッドセットシステムを使用し、油圧ディスクブレーキシステムを内装化。

https://aerolight.bhbikes.com

次世代の技術であるシートポスト固定用のウェッジクランプ、エアロシートポスト用に専用で用意されたエアロテールライト。などケーブルのみならずボルトヘッドにも注目しこだわった設計がなされています。

 

ラインナップ カスタマイズ

サイズ、ジオメトリー

https://aerolight.bhbikes.com

 

グレード

Aerolight6.0
https://aerolight.bhbikes.com

仕様:SRAM Rival eTap AXS 24S 2×12

ホイール:VisionTrimax35

価格:680,000円

 

Aerolight 6.5
https://aerolight.bhbikes.com

仕様:Shimano Ultegra Di2

ホイール:VisionTC55

価格:835,000円

 

Aerolight 7.0
https://aerolight.bhbikes.com

仕様:Shimano Dura-Ace Di2

ホイール:BH EVO50

価格:1,156,000円

 

Aerolight 7.5
https://aerolight.bhbikes.com

仕様:SRAM Red eTap AXS 2×12

Red AXSパワーメータークランク

ホイール:Zipp404

価格:1,550,000円

 

BH UNIQUE

BH AEROLIGHTには標準カラーとして5つのバリエーションが用意されていますが、嬉しいことにBHにはBH UNIQUEというシステムがあり、個人の個性を反映した無限のカラーバリエーションが可能になっています。

 

なおデリバリーは来年の春を予定しているとのことです。

 


 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG