仕事も趣味も生き方も自分らしく!そして何よりも楽しく!CALL BLOGへようこそ!

2021年最新!ロードバイクおすすめホイール8選!

ロードバイクのカスタムパーツの中で人気が高く、さらに効果を感じやすいものと言えばやはり

ホイール

でしょう!

 

ホイールという回転体はロードバイクの走行性能に大きな影響を与えるため効果を実感しやすくなっています。

さらに見た目の占める部分も大きくカスタムすることで外観も大きくアップグレードできます。

このようなことがホイールカスタムの人気の秘密でしょう。

 

今回は2021年おすすめホイールを集めてご紹介!

 

オススメのロードバイクホイール

photo credit:Shimano
 

スペック

 

リムハイト31 mm
リムの幅20.8 mm
ホイールの重量1540 g
ブレーキの種類リム
タイヤの種類チューブレス(クリンチャー)
おすすめシチュエーションスポーツサイクリング ロングライド
幅広のチューブレスレディリムを採用。
店頭ではなかなか見かけないかもしれません。

最新のUltegraグループセットと一緒にリリースされたのは、RS700およびRS770(ディスクブレーキバージョン)です。Dura-Aceバージョンと同様に、リムハイト31mmで、リムとディスクの両方のラインナップがあります。

リムブレーキバージョンはアルミブレーキトラックを備えたカーボンラミネート構造、ディスクはフルカーボンリムです。

決して軽くはありませんが、耐久性に優れ普段使いにも柔軟に対応することができます。

また剛性も適度に抑えられておりロングライドに最適です。

Dura-Ace同様、Ultegraホイールはカップベアリングとコーンベアリングのメンテナンスが簡単なのもポイントです。

photo credit:Shimano

 

スペック

リムハイト60 mm 
リムの幅 28mm
ホイールの重量 1508g
ブレーキの種類リム、ディスク
タイヤの種類チューブラー、チューブレス、クリンチャー(23mm-32mm)
おすすめシチュエーションレース スポーツサイクリング

特徴

WorldTourチームの6チームがShimanoのDura-Aceホイールを使用していることから性能と実績は照明済み。

最もリムハイトの高いC60は、リムまたはディスクブレーキの種類、およびチューブラーとクリンチャーが選択できます。

リムブレーキバージョンは、ブレーキ性能を大幅に向上していますが、アルミブレーキトラックを備えているため若干重量が増えます。ディスクブレーキ版のC60もチューブレス互換で、12mmのスルーアクスルを使用しています。

Shimanoは、C60のOPTBALリアスポーク配置により、カセットからの力をより効率的に伝達でき、ディープリムはD2リムの形状に基づいており、ヘッドと横風の両方で最高のエアロパフォーマンスを発揮すると述べています。

Dura-Aceホイールはハブ内のカップベアリングとコーンベアリングのおかげでメンテナンスが簡単で、回転性能を維持しやすいこともおすすめのポイントです。

 

photo credit:campagnolo

スペック

リムハイトF:24 R:30 mm
リムの幅22 mm
ホイールの重量 1540g
ブレーキの種類リム、ディスク
タイヤの種類クリンチャー
おすすめシチュエーションスポーツサイクリング ロングライド

特徴

カンパニョーロの最も売れている超人気アルミホイール。

リムは非常に剛性が高く、幅の広いタイヤとのペアリングを向上させるために幅が広くなっています(22mm)。

C17リムを使用し軽量化、前後異なったリムハイトとカンパニョーロ独特のMega-G3スポークパターンが特徴です。Mega-G3スポークパターンは剛性を高めることができる反面乗り心地に若干の影響を残します。

 

Campagnolo Bora 45 WTO

photo credit:campagnolo

 

スペック

リムハイト45 mm
リムの幅26.5 mm
ホイールの重量1476 g
ブレーキの種類リム、ディスク
タイヤの種類チューブレス、クリンチャー
おすすめシチュエーションスポーツサイクリング レース タイムトライアル 

特徴

CampagnoloのSuperRecord 12スピードグループセットと一緒に発売されたBora 45 WTO(Wind Tunnel Optimised)。

Campagnoloは、Bora WTOが最もエアロな形状を備えていると述べています。

この根拠は商品名にもなっているWTO(Wind Tunnel Optimised)、これは風洞実験によるテストを重ねたエアロホイールである証です。

後輪はブランド独自のG3スポークパターンを継承、スポーク穴はリムにドリルを使わずにカーボン成形されています。リムブレーキBoraWTOは、AC3テクスチャードブレーキトラックを備えており、標準のブレーキ面よりも大幅に改善されています。

そしてカーボンの形状をも芸術作品のように見せる見た目の良さもポイントと言えます。

これまでのBoraよりもシンプルなグラフィックになりより精錬された外観になっています。

 

Vision のSCはService Courseの略。

Vision SC 55sは、Visionの傑作シリーズMetronから同じリム形状とカーボンファイバーレイアップを継承しています。

特徴

Roval CLX50は、スペシャライズドの社内オールラウンダーカーボンホイールであり、ペアで1410gと非常に軽量なホイールです。ハブにはセラミックベアリングを採用しハイエンドならではの回転性能を誇ります。チューブレス化して使用することであらゆる場面で真価を発揮してくれるでしょう。

 

ZIPP 303S

Zipp303Sカーボンチューブレスディスク

photo credit:zipp

 

スペック

リムハイト 45 mm
リムの幅23 mm
ホイールの重量 1610g
ブレーキの種類ディスク
タイヤの種類クリンチャー、チューブレス
おすすめシチュエーションスポーツサイクリング レース

最新のトレンドを詰め込んだホイール。ワイドタイヤにチューブレスリム、ディスクブレーキを搭載します。これらにZIPPのもつエアロダイナミクスが加わりどこでも速いホイールが誕生しました。

オンロードとオフロードの両方に適しており、生涯保証が付いていることもポイント。

 

photo credit:zipp

 

スペック

リムハイト58 mm
リムの幅19 mm
ホイールの重量 1690g
ブレーキの種類リム、ディスク
タイヤの種類クリンチャー、チューブレス
おすすめシチュエーションスポーツサイクリング レース タイムトライアル 

 

Zippは、剛性が高く風をかき乱すフープでよく知られています。ゴルフボールのディンプルのように見えるABLC SawToothテクノロジーによるリム形状が特徴です。全てにおいて高性能なホイールですが唯一価格だけが欠点と言えるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG