仕事も趣味も生き方も自分らしく!そして何よりも楽しく!CALL BLOGへようこそ!

※追記!感動必須!超絶リアルな走行感!Wahoo KICKR CORE スマートトレーナーレビュー

Wahoo KICKR CORE

photo:wahoo

自宅などで自転車に乗ることをローラートレーニングなどと呼びます。

このローラーと言われるものには数種類存在しますが、Wahoo KICKR CORE(ワフー キッカー コア)はいわゆるスマートトレーナーに分類されます。スマートトレーナーは現実のサイクリングを忠実に再現するために電子デバイスを搭載したローラーです。

中には三本ローラータイプなどもありますが、KICKR COREはリアを固定するダイレクト式と呼ばれます。

 

関連記事

最新で最高のスマートトレーナーは天候が悪い日やCOVID-19の制限があっても、体のパフォーマンスを維持し、今後開催されるイベントやレースに備えることができます。ここ最近では技術の進歩により屋内トレーナーとトレーニングアプリは増え続[…]

 

ダイレクト式は

  • セットアップが簡単
  • タイヤの摩耗がない
  • 転倒しない
  • 静かなモデルが多い
  • ハンドルを切ることができる
  • 追加デバイスが用意されているものもある

といったメリットがあります。

 

本体・同梱物

なんとこのローラー20kg程あります。

せっかくスマートトレーナーを買ったのに開始前にぎっくり腰になっては目も当てられません。

はやる気持ちはわかりますが自宅に届いた際には持ち運びに注意しましょう。

 

中には

  • 本体
  • マニュアル
  • ケーブル
  • クイックリリース(アダプター)

が同梱されています。

※組み立てはマニュアルの必要すら感じないほど非常に簡単で迷うことなく設置が完了しますので割愛します。

 

Wahoo KICKR COREレビュー

 

あっけなく組み上がったキッカーコア…

静音性

最初は驚くと思います。これまではグロータックのローラー(FLEX SMART)を使用していましたがそれを大きく上回る静寂性。よく書かれているようにマンションなどでも全く問題なく使用できるはずです。どうしても気になる場合はマットなどで防振対策を行えば完璧と言えるでしょう。

使用時に聞こえてくる音はチェーンとシフトチェンジの音くらいものであり、おそらく一番騒音になるのは自分自身が悶えた時の悲痛な叫びだと思います。

CALL
うぉー…!
嫁ちゃん
なにごと!?

自動負荷調整機能による実走感

スマートトレーナーの一番の醍醐味である自動負荷変動機能。これは仮想空間における勾配などをトレーナー自体が自動で負荷を調整し再現するものです。有名なZWIFTでは仮想空間に世界が広がっておりスマートトレーナーと組み合わせることで実走に出なくなってしまうのではないかと思えるほどリアルな体験ができます。

 

この負荷調整機能のリアルさがどのくらいの水準なのかということがスマートトレーナーの腕の見せ所と言えます。

 

KICKR COREはどうなのか?

 

CALL
めちゃくちゃ自然…(断言)
CALL
僕は今山にいるのです!
嫁ちゃん
え!?なに?なんなの!?

 

この言葉以外に出て来ません…早く買っておけばよかったと心底後悔しました。

 

大嫌いなヒルクライムの苦痛も完璧に再現してくれています。そして苦労して登った後はそそくさと下っていくのですがこの下りの再現も異常にリアル。これもwahooの開発したフライホイールのおかげでしょう。

 

以前の固定ローラーは負荷が不自然にかかることで”ザ!トレーニング!”感を出していました。この不自然さに嫌気がさしたり、実走の爽快感が恋しくなったりでローラー嫌いになった人も多いことでしょう。

もう心配ありません。この再現度なら文句は出ないでしょう。

なんせZWIFTでの世界を景色を見ながらだらだら走るだけでも楽しいと感じるのですから!

※私はもちろん仮想空間でも山は迂回します!

 

接続作業

実のところコンセントをさすくらいのものでこれといった接続作業はありません。

KICKR COREはBluetoothやANT+どころか電源ですら自分でやってくれます。

よく発生するサイクリングウェアを着込んでからのマニュアル+ネット検索地獄はWahoo KICKR COREとは無縁です。

 

Wahoo KICKRと一緒に用意するもの

至れり尽くせりのwahoo KICKR COREといえど最初に必要になるものがあります。

それは

  • スプロケット
  • 変換プラグ
  • ANT+ドングル

です。

スプロケット

このためだけに買っても多分一番使用されるであろうパーツ…

KICKR COREにはスプロケットが付属していません。自分で用意する必要があります。

乗っている自転車の物を外してもいいですがそれはとても面倒。私は室内用ということもありグレードには拘らず105のスプロケットを用意しました。

※トップグレードのKICKRにはスプロケットが付属します。

変換プラグ(電源用)

Wahooは電源プラグの形状が特殊です。

これを普段よく見る形状に変換するには

BF→A変換

してくれるアイテムが必要です。

 

ANT+ドングル

使用するパソコンがWindowsであればパソコンと接続するためにANT+ドングルが必要です。いろんなメーカーから接続デバイスが出ていますが高価なものもあり悩むところです。

私はお手頃なこれに飛びつきましたがなんら問題なく快適に使用できています。

※MacBookはANT+ドングルが不要です。

 

※追記

最近ドングルをGARMIN製に変更しました。

最初に買ったものと比較してもあまり遜色はないのですが、たまーにセンサーを見失っていた現象がなくなったように感じます。

ただし、レースやイベント中に起きるわけでもなく起動後に差し直すだけで治ったりしていたのですが問題ないと言えば問題ないのですが…

 

Wahoo KICKRと一緒に欲しくなってしまうもの

 

CALL

ここまで快適でリアルなスマートトレーナーならもっとリアルにできないものか…

人間の欲は止まるところを知りません。

 

wahoo KICKR Climb

こちらはwahooから販売されているKicker Climb。

その名の通りヒルクライムを再現するオプション。ZWIFTなどのアプリケーションの勾配と連動して自転車を傾斜させます。

ヒルクライム時の自転車の角度を再現するためにホームセンターでブロックを買ってトレーナーの下に置く必要はありません。ヒルクライムでは使用する筋肉が変化しますからヒルクライムのレースに焦点を絞っている方には特にお勧めできます。

え?私?私はヒルクライムはヴァーチャル上でも迂回しているので結構です…

 

wahoo KICKR HEDWIND SMART FAN

傾斜が購買に対して自動で動いてくれるようになると不自然に感じるのは体全体から大量に流れる汗でしょう。

勘の言い方はお気づきのはず。そうです。走行風が不自然なんです。

風さえもコントロールしてくれる扇風機がこちら!

 

SARIS MP1 インフィニティ

リアルな走行感…自動負荷によって再現されたヒルクライム…屋外と変わらない走行風…

?何か足りない…

そうです。前後左右の傾きです。

スマートトレーナーは負荷に関しては抜群にリアルですが傾いてはくれません。傾く必要があるのか?あります。

自転車は本来八の字を描きながら走行する乗り物なんです。それを忠実に再現するのがSARIS MP1 インフィニティです。

スマートトレーナーの最強のパートナーと言えるでしょう!

 

ここまで揃えることができればもう実走が必要なくなるかもしれませんね。

 

 

レビューまとめ

 

photo:wahoo

これまで書いて来たように非常に優秀なWahoo KICKR CORE

コロナウィルスの影響で世界が大きく変わった昨今ですが自転車業界もヴァーチャルに大きく加速しました。

今後もさまざまなコンテンツが追加されていくはずです。

これらのイベントをよりリアルに快適に楽しめるwahoo KICKR COREをこの機会にいかがでしょうか?

マジでオススメです!

この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG