仕事も趣味も生き方も自分らしく!そして何よりも楽しく!CALL BLOGへようこそ!

2022年世界チャンピオン防衛の危機か!?マチューの続く背中の痛み!

怪我に苦しむ世界王者

photo:So Isobe
シクロクロス世界チャンピオンのマチュー・ファン・デル・ポール(アルペシン・フェニックス)。

彼は、東京オリンピックMTB競技のレース中に受けた背中(腰)の怪我に苦しみ続けており、4年連続の世界選手権タイトル防衛が危ぶまれています。

彼が患っている怪我は背中と腰にわたる範囲で痛みが現れ、病院での医学的検査を行った結果、椎間板の損傷。

ここ直近のデンダーモンドでワウト・ファンアールト(ユンボビスマ)に次ぐ2位でフィニッシュした後、ファンデルポールはレースをDNFしています。

 

photo:corvos

ファンデルポールの理学療法士は

「今、世界選手権について考えるのは少し早い気もしますが、残り時間が多くないことは事実です」

と話します。さらに続けて、

「世界選手権を成功させるなら完璧に調整しなければなりません。私の考えでは、調整期間1か月と言う期間は非常に短い期間で、ベストコンディションに到達するためにはいかなるミスも許されません。しかし現在のマチューにはどんなに時間がかかっても、休息こそ優先するべきトレーニングなのです。」

 

photo:corvos

マチューが休息を満足に取れていない理由は何点かありますが、他の選手と最も異なる点があるといいます。

それは彼がシクロクロス、ロードレース、マウンテンバイクといった一般的な選手よりも多くのジャンルのレースで活躍していることにあります。

お陰で彼のスケジュールは非常に多忙で、地球上で最も忙しいバイクレーサーの1人と言えるでしょう。

他のロードレーサー達は、贅沢なオフシーズンに加えて数か月のダウンタイムを楽しむことができますが、ファンデルポールはロードのオフシーズンと共にオフロードのオンシーズンが開幕します。

その間の僅かな休息しか取れないのです。

photo:corvos

選手達の多くはオフの期間にしっかりと休息をとりオンシーズンの疲れや怪我を療養します。

そしてその後徐々にオンシーズンに向けてLSDなどのトレーニングを開始し徐々に体を作り込んでいくのです。

しかし、マチューはロード、オフロード共にタイトルをもつほどの選手であるため一年において明確なオフシーズンがありません。

療養することもできず地固めもできないまま常にフルスロットルでエンジンを回しています。

 

この状況を彼のトレーナーは

「これは実際、マウンテンバイクからロードサイクリング、シクロクロス、BMXまで、彼が過去に体に行った追い込みの結果です。常に全力で駆け抜けてきた代償を彼は今払わされているのです。」

と話しています。
マチューはまだ若く世界最高のスペックを持っているのですからできれば数ヶ月、いや欲を言えば一年程休養を取りしっかりと療養し、一騎当千の無双状態を見せてくれる方がファンとしては嬉しいのですが、そこはレーサーとして色々あるのでしょうね。
お大事になさってください!マチュー!

CALL
お大事に!マチュー!
嫁ちゃん
お大事に!マチュー!
私たちアマチュアサイクリストにも体のケアは大事!しっかり体を作っていきましょう!
関連記事

TEAM ENEOS(イネオス)公式栄養補給サプリメント SiS (サイエンス・イン・スポーツ)  イネオス・グレナディアーズがスカイの頃から約8年もの間、公式補給食として使用し続けているSiS(サイ[…]




 







 

この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG